cosmo zero

うつつな日々のあれこれ。

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



油断。

2007/10/30 15:39
2週間くらい、薬を抜いていました。
薬に依存する自分が嫌だとかそういう理由ではなくて、単純に忙しくて薬を飲む時間を確保できなかっただけで、昨日は時間があったのでちゃんと飲んでみたのですが…。
失敗でした。
しばらく飲んでいなかったから、身体の中の薬は抜けきっていて、めまいやら吐き気やら眠気やら。
前に飲み始めのときは副作用っていう副作用は感じなかったのですけれど。
油断しました。
バイト先に迷惑かけて、早退して帰ってきました。
めまいや眠気はどの薬にも共通する副作用なので、どれのせいなのかよくわからないですね。
スポンサーサイト



重力。

2007/10/18 13:57
またまたお久しぶりです。
生きています。

正直なところ、調子はよくありません。
バイトが重なっているせいで睡眠時間がとれなくて、自分のところだけ重力が余分にかかっている気がします。
相変わらず手足が冷たくて、身体の中心が熱いです。
緊張のせいか、しばらく落ち着いていた慢性的な肩こりが復活しました。
その影響で頭も痛いです。

まぁ、そんな感じですが。
睡眠時間が少ないと、ただでさえ記憶力がないのにますます低下して、仕事でも思ったように動けなくて、申し訳なくなって、気分が落ちています。
悪循環になってきました。
あと、しばらくがんばりたいと思います。



限界点。

2007/10/13 10:15
お久しぶりです。
ちゃんと生きています。

バイトをふたつこなした後、受診をしに行きました。
鎮痛剤を希望で止めてもらったくらいで処方はかわりません。
実は、結構薬の飲み忘れがあるのですが、症状は安定している感じ。
たまに、急に切りたくなったり、消えたくなったり、そんな衝動はありますけれど、なんとか自制中。
ちょっと、ハイかなって思う程度です。

それよりも、受診が終わったあと、なにを思ったのか(っていうか、単におなかがすいていたのですが)、定食屋でごはんをおかわりしてまで食べて(羞恥心はどこに行ったのか)、そのあと、電車で嘔吐感に襲われたのがつらかったです。
それよりまえから、手足が冷たくて仕方なかったのですが、どうやら1日近くほとんど寝ずに動いていたことが悪かった模様。
短時間でも睡眠は重要だと思いましたね。
睡眠時間が少ないと、いつも自分のところだけ重力が余分にかかっている気分になりますよ。


前記事にコメントいただいて、自分が病気だと診断されていることをどう思っているかを考えてみたんです。
思い出してみると、一番最初、まだ25歳の頃にはじめて診断されたとき(たぶん、そのときは不安神経症だったと思いますが)、ほっとしたんです。
自分が感じている生きづらさや不安の理由が、病気のせいだとわかったからです。でも、そのときから、リストカットがはじまったんですよね。無理しなくていい、我慢しなくていいって肯定されたような気がして(でも、働いてたから、姑息に手のひらを浅く切っていました)。
今の診断(人格障害)についてはどうかというと、複雑な気分です。
なかなか治らないって告知されたのと同じ部分もありますから。
もともとの仕事柄、専門書もなんとか理解できますから、興味本位でたまに書店で読んだりすると、ちょっと絶望的な気分になります。
自分自身、ここでは親については結構否定的なことを書いていますけれど、私が幼い頃、両親は稼ぎを増やすことに必死で、子育てに熱心になるような余裕がなかったこともわかっていますから本当は肯定している部分もかなりあって。本なんかで乳幼児期の養育がうんぬんって書いてあるのを見ると、あぁ違う悪いのは自分だって、思ったりしています。
自分のうまれつきの気質は親のせいではありませんし。
この年でコントロールできないのは、私が未熟だからだと思います。
思春期が遅くきて、そのせいで長引いているような感じもします。
そんなことは置いておくと、生きづらさがつらくてしかたないときもありますが、この不安定を愛しく思うときもあります。
もっと普通に呼吸できるように望んではいますけれど、そうなったら悩んでいた自分は消えてしまって、当然のように生きられる自分を当たり前に思って周りに目を配ることもできなくなるんじゃないかって思うんです。
たぶん、今の病んでいる自分を肯定したいのだと思います。



自覚。

2007/10/07 11:10
小さい頃、私はプライドが高かった。
田舎の学校で、努力しなくても成績はトップクラスだった。
あの頃はアニメよりもニュースが好きで、今より社会のことを知っていた。
選挙権なんてなかったのに、選挙公報を読んだりしていた。
早く田舎から抜け出して、自由に過ごすのが夢だった。
正直言って、今の自分が小さい頃の私のそばにいたらとても好きになれなかったと思う。
学校では猫をかぶっていたから優等生だと思われていたけれど、家にいるときはいろんなことに醒めたオーラが出ていたのか、親には「冷たい子」と言われることが何度もあった。
高校生くらいになって、成績も中くらいになってやっと、自分は特別じゃないって自覚した。
今思うと、それが私にとっていい経験だったと思う。

でも、未だにほんとうはプライドが高い。
今回の発症の原因になった転職にしたって、自分はもっと何かができるって確実に過信していた。このままじゃだめで、もっとうえを目指すべきだって思っていた。
ほんとうは違ったのに。
同じ場所で、努力することだって、ほんとうはできたと思う。
転職自体には(実際、他の理由もあったので)後悔していないけれど。

今もおんなじ。
主治医に、夜に働いて身体を酷使するのはやめて、クリニックや外来で働くことを勧められている。
でも、私は嫌だって拒む。
いつも人間関係の軋轢に押しつぶされて、抑うつ状態になって働けない状況にまでなるのに、まだできるって思う自分がいる。
もうひとつの理由は、私にとってひとりひとりの患者さんと少しでも話ができる時間がなければ看護師をする意味がないって思っているところもある。スタッフ同士の人間関係は苦しくても、患者さんと話すのが好き。ダメな自分が少しだけでも誰かの役に立てるって思えるから。

そう考えると、私は一生こんなふうに進んでつまずき進んでつまずきを繰り返すことになるのかもしれない。
仕方ないなぁ。
それが、自分だから。



階段の記憶。

2007/10/06 14:58
仕事が2連休。
店長に「ゆっくりしてくださいな」と言われましたが、実際、今日はぐったりモードであんまり動く気になれません。
無理矢理睡眠時間を長くしたせいで寝疲れして、身体の節々は痛いし、なんか頭が重い。
室温はそのままでも適度なはずが、身体の中心と頭は暑苦しく、指先や足先が冷たい。
最近はまっている、某コンビニオリジナルのアイス「チョコモナカ」を1コ食べて、ベッドのうえでうだうだしています。

昔のどうでもいいことを思い出したので、一応メモ。

[階段の記憶。]の続きを読む



スイッチ。

2007/10/04 14:18
ブログ巡りをしていて、自分の今の違和感が離人症状だと気づきました…。
新しいバイトはハイテンションが基本なので、今日は朝からそのモードなのですが、そのままスイッチが切れない感じ。
なんか、ロボットみたいな私。
少し寝て再起動したら戻りそうな感じですが、あんまり眠くないですね…。
やっぱりハルシオンだけじゃだめかなぁ。



1000.

2007/10/03 07:16
おはようございます。
ただいまです。

カウンタつけてから1000カウント目を自分で踏みました。


一昨日になりますが、予約を2日遅れて受診してきました。

内服が若干変更。


セロクエル 25mg
リボトリール 0.25mg
ミグシス 5mg
ガスターD 10mg
ガスモチン 5mg
酸化マグネシウム 0.5mg


セロクエル 25mg
ガスモチン 5mg
酸化マグネシウム 0.5mg


セロクエル 25mg
リボトリール 0.25mg
ミグシス 5mg
ガスターD 10mg
ガスモチン 5mg
酸化マグネシウム 0.5mg

就寝前
セロクエル 25mg
ルボックス 75mg
ハルシオン 0.25mg
ロヒプノール 1mg

頓服
ワイパックス 0.5mg
ロキソニン

ガスターの量が常用するには多いとのことで減量に。
抗うつ薬の典型的副作用の便秘がひどくなってきたので、希望して酸化マグネシウムを増やしてもらいました。
ロキソニンがだいぶたまってしまったので、次回あたり一旦止めてもらおうと思います。

正直者なので(笑)、深夜バイトをしていることも医師に話していますがやはりよく思われていないようです。
深夜働いていることももちろんですが、長い時間働いていること自体も快く思っていない様子。
仕事依存がばれています。
もっと建設的で健全な方向で昇華してほしい、「小説を書くとか、エッセイを書くとか…」と言われてしまいました。
と、いうことで、試しにブログ以外に自分を客観的にみた文章を書いてみようかと思います。
だれにも見せるあてはありませんけれど、最近、ちゃんと文章書いてはいないので、最悪なものになりそうです。



パンケーキ、オムライス。

2007/10/01 09:56
まかないで、最近、パンケーキをよく食べるんです。
甘いの、あんまり好きじゃないですけどね。
まかないはいつも何を食べるか自分では決められなくて、よく周りに意見をきくんです。
で、このあいだ、オムライスを食べました。
自分じゃ絶対にしないチョイス。
なんていうか、子どもが好きそうな食べ物って、たいてい自分から食べようという気がおきません。
最近になって、懐かしさを感じないからかなって、思うようになりました。
うちの母は、ホットケーキもオムライスもたぶんつくってくれなかったんです、小さい頃は。


[パンケーキ、オムライス。]の続きを読む



| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。