cosmo zero

うつつな日々のあれこれ。

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



私の症状について。

2007/08/02 00:24
プロフィール欄にもありますが、私は以前(傷病手当をもらっていたことがあり、診断書上の病名は)双極性障害、解離性障害として治療していました。

以下、かなり現実的に自分を見つめてみていますので、多少ショッキングかと思います。
読んで少しでもダメージを受けたら、ウィンドウを閉じることをおすすめします。
読まなくても、支障はありません。
その頃、私は職場内で異動したばかりで、(入職年が同じという)同期はいましたが勤務は重ならず、居心地が悪く、息苦しい感じが続いていました。
あるとき、通勤のためにバスに乗っていたとき、見上げたビルのうえから舞い落ちてくる自分の幻を見ました。そのころから、電車に乗ろうとホームに立てば入ってくる電車に飛び込む自分が見え、海に行けば何者かが手招きしているように思うようになりました。
職場で疲れて帰ってくるので、すぐにベッドにへたりこむのですが、夜中に何度も目が覚めたり、夢(悪夢だったり、ものすごく現実的な夢だったりしました)をみたり、金縛りにあったりするようにもなりました。
かなり現実的な夢を見たりすることがあったせいで、物事が実際にあったことなのか夢だったのか判断できなくなりました。
動いている自分が自分でないように感じ、自分がとても曖昧になりました。
はじめての受診はそれがきっかけです。
診断はいただきませんでしたが、安定剤をもらい、治療をはじめました。
薬を飲み始めましたが、判断力が低下している自分を感じ、仕事を休職したあと退職しました。

退職後は実家で療養しましたが、正直、居心地がいいものではありませんでした。
そんなわけで自主的に入院したりしたあと、退院し、家を出たい、仕事をしたいという願望に従って、(職業的な知識のもと勝手に減薬し)治療を自己中断しました(絶対、まねしないでくださいね)。

再就職した先は、人間関係に悩まされることはありませんでした。
1年以上勤め、もっとがんばれるのではないかと自分を信じ、再び転職しました。

これが今回の発症のきっかけだと自分では考えています。
新しい職場は、今まで私が働いてきた職場とはまったく違っていました。
常に忙しく、周囲はいつも緊張感が張りつめていました。
誰かが誰かを指導する声が少し厳しいと、息苦しく感じるようになり、そのうち、職場に行くこと自体が一苦労になりました。
ある時、友人に誘われて小旅行に行きました。楽しいことをしているはずなのに、また昔のように線路に飛び込む自分や、何者かが私を海につれこもうとしているかのように感じることに気づきました。
このままでは、またダメになるのではと気づき、クリニックを探し受診しました。

現在のクリニックに通院するようになり、医師から指摘され「境界性パーソナリティ障害」なのではないかと思うようになりました。
昔から、人間関係が不安定(表向きはとても友好的なのですが、継続的な友人関係が築けない)、自分が好きなもの・楽しいことがわからない、自傷衝動がある(リストカットをしていたのは、はじめの治療をしていた頃だけですが、今も自傷願望はありますし、思い返せば、中・高校生のころ、はさみを手首に当てて精神を安定させる癖がありました)、常に空虚感を感じているなどです。
性格的なものなのか、なにかに培われたものなのかわかりませんが、私は周りにあわせるのが得意です。自分がしたいことがわからないせいもありますが、周りが盛り上がっていれば自分もテンションがあがるなど、いつのまにか自分を無意識にコントロールできるようになっていましたが、いつも離れたところで自分を見る私がいるのです。
表向き、人付き合いは得意です。けれど、無理をするとあふれて、抑うつ状態になるのではないか、と今は思っています。
単なる自己判断なので、ほんとうのところはどうなのかはわかりません。

抗うつ剤のおかげか、最近は抑うつ状態は改善されてきました。
けれど、なにもきっかけがないのに、自傷願望に苛まれたり、死ななければならないという焦燥感にかられることがたびたびです。

長年に培われたものは簡単には崩せません。
おそらく、これから先も長い間こんな自分とつきあっていかなければならないのだろうと思います。
少し仕事を楽にして、そんな自分をコントロールする方法を見つけていきたいと思います。


仕事をやめたのを契機に、思いついたようにこんなことを書いてみました。
スポンサーサイト



<<またまた実験。 | Home | いろいろ実験。>>

Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

なんか奥深いですね
読んでいて怖くなってきました
人事ではないのに気づきました
なんとコメントしていいのやら
パニックになっています
現実を見せられたと言うか
気づかされたような衝撃

仕事頑張ってください
今日なんですよね仕事
焦らないでね



>マウス555さん
ごめんなさい。
私自身、ショックを与えてしまうような内容かな、と思っていました。
私は割と幼い頃から生きづらさを感じており、それを分析するとこんな感じになりました。
あくまで、私自身の分析ですので、ご自分からは切り離していただけると幸いです。
個人的には、自分の分析に対して、悲観的にはなっていません。
こういう性分だから仕方ない、どうやればそれなりにうまく生きられるだろうかと考えているところです。



Trackback

Trackback URL:

生活サイト001

うつ症状がみられるって・・・?・・・精神科のお医者様に、うつ症状がみられると言われまれました。わたしがうつですか?と聞くと、断言は出来ないと言われました。食欲不振は症状にありません。うつ症状がみられるというのは、うつとは違うのでしょ....(続きを読む)顔面神経  [続きを読む] お役立ち情報館 webry-026 2007/08/06 18:56
| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。