cosmo zero

うつつな日々のあれこれ。

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



手紙。

2007/08/24 09:40
前の記事を書いていて、急に母に手紙を書こうと思い立って、目の前のコンビニに便せんと封筒と切手を買いに行って、便せんの1枚目の半分くらい書いてみて、やっぱり書くのはやめました。
結局、母にとっては不快なことしか書いてない手紙になりそうだったので。
母のためにはならないし、私も実家に帰りづらくなるし、結局、私の自己満足にしかならないから。

母のことは、もうあきらめようと思うんです。
でも、ほんとうの母なんだから、わかってもらえる日が来るんじゃないかって、ついつい甘い幻想を抱いてしまうんですよね。
もう、大人なんだから、自分でなんとかしなくちゃならない。
違うっていいながら、結局は母のせいにして楽になりたい自分がいるんだと思います。
そこから卒業しないといけないな。

でも、やっぱりさみしいよ。
スポンサーサイト



<<家族と私。 | Home | ほんとうの気持ち。>>

Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

お母さんに理解してもらえないってさびしいし、すごく辛いですよね。
私も抑うつ状態が続いてるって事を、すごい決心をして懇談の時に先生から伝えてもらったんですが…
結果は散々なことになりました。
諦めようとしても、どこかで幻想を抱いてしまうんですよね…。

大人だからって思いこみすぎなくてもいいと思いますよ…。
って高校生が言ったところでなんの説得力もないですが…涙



>月風水樹さん
水樹さんのブログを見ていると、昔の私を思い出します。
私の場合、高校・大学は比較的楽しい時代だったのですが、幼い頃から母にちゃんと理解されてなかったんじゃないかって、今さらのように思います。

近づきたくて、近づいてほしくて思い切ったのに拒絶されるのは、ほんとうに堪えますね。
血の幻想はなかなか断ち切れないです。

年齢は関係ないですよ。
以前、堕ちて自傷行為をしていたときも、助けてくれたのはネットで知り合った年上や年下の友人たちでした。

お互い理解されないのはつらいところですが、ゆっくりいきましょう。



ユヅさん こんにちは。

僕の場合、親って呼べる親が居ない環境で育ちました。
父が亡くなってから実母と連絡を取るようになり、今の僕が居ます。
実母は、病気の事を理解してるのか、して無いのかよくわからない所があるんだ。
過去の話しを出すクセに「私のせいだ」と泣くんですよ。
いい加減、僕はウンザリで・・・。
そして、部屋に引きこもってる状態ですよ(汗
僕も、母を恨んだ事があったんだ。
でも僕はいつも良い子でいなきゃいけないと思ってる所があってね。
不満を言えませんでした。
そして、今は自分を恨んでる。
生まれてきてしまった自分を。

そんな事を考えると、不満や怒りを母親にぶつけた方が良かったのかな?って思うの。
自分の心に悪い物だけが溜まっていくから。
僕のように標的が自分になってからじゃ、遅いのかなって思ったり・・・。

ごめんね。上手く説明出来て無いですね(涙
あまり我慢しすぎるのも心に良くないかなって思いました・・・。
無駄に長文でごめんね(涙



>るなさん
ご自身が大変なところにコメントありがとうございます。
私自身、もう取り返しのつかないところまできているって感じています。
自分でも思い出せない幼い時期から、親や周囲の顔をうかがって、よい子でいることを自分で強いてきました。
反抗期もありませんでした。
もっと、くるべき時期に両親にぶつかるべきだったのかもしれません。

私と母は鏡のようなもので、似たもの同士なんです。
母もいろいろ我慢してきて、不満がたまっていて、大爆発寸前なんです。
今さら、母親に着火するような真似なんてできるわけがありません。

もう、無理なんだと思います。
我慢しすぎるのはよくないって思っていても、もうあきらめるしかない気がします。



Trackback

Trackback URL:

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。