cosmo zero

うつつな日々のあれこれ。

スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



幻想。

2007/08/31 00:33
血のつながりに対する幻想。
血がつながっているから、話したらいつかはわかってもらえるんじゃないかって。
でも、そうじゃないんだって最近気づいた。

以下、ダークです。

妹からの電話で、親が「もっとまともになるように育てたつもりが、できそこないがふたりできた」って言ってたことをきいた。
妹も私には言いたくなかったみたいだけれど、本人のキャパシティをオーバーしたみたい。
そりゃそうだよ。
思ってても言っていいことと悪いことがあって、できればききたくない言葉だった。
きかなければ、もう少し親に夢を見ていられたから。
まあ、これが現実なんだから見つめなくちゃいけない。
親のなかではこの年の私は結婚していて、子どももいたんだろうな。
でも、今の私は彼氏すらいないし、結婚する気はないし、なにより病んでいる。
今の自分の状態を親の責任にするつもりはないけれど、少しは優しくされたいと思うのが甘えなんだろうか。

虚しい。
虚しい。
虚しくて消えたい。
スポンサーサイト



<<涼しいというより。 | Home | ちょっぴり浮上と急下降。>>

Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

こんばんは。
それはユズさんの甘えじゃないと思いますよ。
子供は幾つになっても親にとっては子供だから、
幾つになっても愛されていたいし、
大事にされていたいと思うものだと私は思ってます。

なんだか偉そうにごめんなさい。
少しでも気持ちが浮上することを祈ってます。



>icoさん
おはようございます。
コメント、ありがとうございます。
子どもは親に無条件に愛されるってずっと思っていましたし、自分もそうだって思ってました。
ちょっと現実突きつけられて凹んじゃいました。
もう、親にはほんとうのことが言えない気がします。

泣きまくったら少し浮上しました。
どうもありがとうございます。



はじめまして。
ご訪問ありがとうございました。
ちっとも甘えじゃないですよ。

大病し、奇跡的に助かった車いすの
聴覚障害者、
成人した二人の母親です。
また遊びに来てください。

メンタルな病気と闘っておられる方、多いです。
よろしくです。



>まほさま
コメント、ありがとうございます。
また、時々訪問させていただきますね!



Trackback

Trackback URL:

| Home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。